白い錠剤

用量用法を知る

何でもお薬には飲み方があります。正しく飲んで正しい効果を期待しましょう。また、ありがちな飲み忘れの際の対処法などにも触れて行きますので、有事の際はここでの情報を思い出してみて下さいね。

カプセル

緊急の対策

妊娠するかもしれない…そういった緊急な事態に遭遇してしまったら?プラノバールやヤッペ法で緊急避妊です。身体に負担のかかる行為でもあるので、正しく理解して行いましょう。

白い薬

どうやって手に入れる?

プラノバールを手に入れるには、個人輸入で手に入れると安く手に入ります。処方がわかっているのなら、こういった方法も得策でしょう。誰にも悟られずに使用できるので助かります。

お薬であるという意識

カプセルと錠剤

妊娠を望まないという人もいることでしょう。避妊というものはとても大切です。いくら男性にコンドームの着用をしてもらっていても、その安全性は確実とはいえません。
また、思いがけない事故もあったりするので、女性には避妊の手段を色々と持っておくことが必要になります。
そんな中有効な手段としてあるのが「プラノバール」による避妊です。プラノバールはホルモン剤であり、有事の際には排卵を遅らせたり、着床を防ぐことにより妊娠を防ぎます。

有効な避妊の手段ですが、副作用もあります。
メリットとデメリットを知っておくことで、お薬を有効に活用できるようにしましょう。
飲み始めた頃は、妊娠初期に似たような症状が起こる場合があります。吐き気やだるさ、頭痛や不正出血などがあるため、辛い時期があります。これは急激なホルモンバランスの変化により身体が付いていかないために起きる現象です。
しかし、お薬になれてくれば次第に症状も落ち着いてくるので、心配はいりません。
太るという報告もありますが、これは正確にはお薬によるむくみによるもののせいです。心配はいりません。

それよりも気を付けておきたいのが、血栓症を引き起こす可能性です。下肢に急激な疼痛や腫脹、突然の息切れだったり胸痛や頭痛があった場合、また四肢の脱力に麻痺、構語障害、急性視力障害などがあったら、それは
血栓症かもしれません。そういった場合はただちに使用をやめて医師に相談するようにしましょう。
とはいえ、この可能性は低いものなので、そんなに構えることはありませんが、可能性のひとつということなので、覚えておくと良いでしょう。


中身が出ている薬

テーマ一覧

「プラノバールやヤッペ法」のテーマ一覧です。