用量用法を知る|プラノバールやヤッペ法であれば家族計画も上手に行える!

用量用法を知る

白い錠剤

お薬には、用法用量といったものがありますが、これをしっかり守らないとお薬本来の効果が期待できないところか副作用といったことも起こり得ます。
とくに今回ご紹介させているプラノバールは避妊薬なので、しっかり守れないとそれは妊娠に繋がってしまう場合もあります。
一度妊娠してしまえば後には引けません。その後は、産むか堕ろすしかないのですが、これは赤ちゃんの命だけではなく母体であるあなたの命にもかかわることでもあります。
なので、しっかりとやり方を理解して身を守りましょう。

基本的に避妊目的でも生理コントロール目的でも一日一回、決められた量を決められた時間に服用します。
例えば生理をコントロールするためのあれば、生理5日目を初日として一日一錠を3週間服用します。その後1週間服用を止めて、生理を促すという流れを作るのです。
避妊目的なら生理開始日から5〜7日までに服用を開始します。1日1錠を服用し続けて、服用をやめたタイミングで生理を起こします。プラノバールの服用中は排卵が起こらないため、妊娠を避けることができるようになるのです。

飲み忘れてしまう時もあると思います。一日くらいなら低用量ピル程厳しくはありませんので、気づいた時点か次の服用時間に近ければ、一回分飛ばして服用というようにする事もできます。
飲み忘れたからといって、あわてて二回分飲んでしまうと副作用を引き起こしてしまうので、絶対にやめましょう。
また、2~3日忘れてしまったなら、生理が来てしまいます。そういった場合は医師に相談するのも良いでしょう。

Copyright © 2017 プラノバールやヤッペ法であれば家族計画も上手に行える! .